ハウスクリーニングで女性が起業!オバちゃん奮闘記

2007年01月06日

最初の夢


同じ部署の中で、年齢も近かった人も、同じ時に退社する事になった。
プライベートでも仲良くしていたので、退職後こんな仕事をしたい、というような話をしていたら、「いいね、いいね」と乗り気。

じゃぁ、2人で始めようか・・・

その頃描いていた夢。
・お年寄り、障害のある人の助けになるような仕事
・環境に配慮した洗剤をしようした、エコクリーニング。
・女性である事を最大限に生かして、定期清掃・一般家庭を中心にする。

かなり大まか過ぎるけど、そんな風に考えていた。
そんなこたぁ、甘い、甘いって後で判ったけど・・・

それで会社の名前なんか考えて、私もその人も丸顔だったんで、その名も「まんまるカンパニー」(笑)
でも、結構親しみ易くて、良い名前だと思うんだけどな。

ユニフォームは、ヒッコリーのオーバーオールに、ワークシャツ。
どっちかと言うと、東京ディズニーランドのカストーディアル風?
あちらは、白のつなぎでしたっけ?

まぁ、夢なんで、かなりいい加減な事を思っていた。

当初は、どこか(たとえばDスキンなど)でアルバイトをして、技術的な事を学ぼうかと思ったりもした。
だけど、道具一つとっても、何を揃えたら良いのか分からないし、ホントに何一つ判っちゃいなかったので、ひたすらネットを彷徨っていた。

でも、きっかけはアナログ。
新聞折込の求人案内の記事の中に、Oそうじ本舗の開業セミナーの案内があったのです。
それも、我が家のベランダから見える、すぐそばの場所で。
行ってみよう。聞いてこよう。
でも、騙されないようにしなくちゃ。(笑)

↓あの時、このノウハウ書があれば・・・
ハウスクリーニング起業塾

どうやって始めたらいいの?


ハウスクリーニング」の仕事をしてみよう、と思っては見たものの、一体どうやって始めれば良いのか。

最初に思った事は、技術的な事はどこで教わったら良いんだろう。
「どこかで教わる」今となっては、まるっきり受け身な発想〜
サラリーマン生活の弊害?セミナーなんかで教わるものだと、頭から思ってた。
あれこれネットで検索していたら、「お金をかけないで開業する方法」なんてのもあったけど、その頃は無料DLのノウハウ書なんて、怖くてDLできなかったんですね。
無料でなんて、怪しい・・・と思っていたから。

試しに「ハウスクリーニング」と検索してみると、出てくる知った名前の会社。
ハウスクリーニングの代名詞とも言える「Dスキン」
でもその頃から、「Dスキン」は綺麗にならない、ってな噂を聞いていたし、とにかく開業資金がかかる!

却下!

次に「Oそうじ本舗」。
あ、この和な感じの名前、いいかも!
開業資金もDスキンほどかからないし。
ちょっと頭の中のメモ帳にメモっとこう。

↓あの時、このノウハウ書があれば・・・
ハウスクリーニング起業塾
2007年01月02日

あの時、このノウハウ書があれば・・・

ハウスクリーニング起業塾

簡単に起業出来る、そんな希望を持って始めたハウスクリーニング

の独立開業そして、苦しいだけで、決して楽にならない生活

そうしたハウスクリーニング屋を多数見てきました

もしも、あなたが明日の仕事を心配するような身だったら

もしもあなたが、高額なフランチャイズで安易に独立開業をしようと
思ったら

もしも、あなたが成功への道を最速で駆け上がりたいなら私たちは、
応援します

本当のプロが贈る

本当の実績が物語る

ハウスクリーニング研究会OB四天王が明かす

絶対に失敗しない独立開業

今、扉を開くのは、決して勇気ではない

あなたの歩もうとする道は、もう既に成功への道なのです

独立開業者は、常に明日の仕事の心配をしています。

今は、忙しいけど来月はわからない、今月は何とか乗り切ったけど
先々が心配

そうして、大手の下に入り安い金額で賃貸の入退室のハウスクリー
ニングをやったりします。

遊ぶよりは、安くてもいいや。

また、行きたくもない不動産屋の営業に回って、煙たがられ、お願い
営業を続けます。

出てくるのは愚痴ばかり

日本人の平均年収も稼げません。

もう、そんな独立開業はやめましょう。

あなたは、チラシ配りをするために、米つきバッタのように頭を下げるために独立したわけではないのです。
2006年10月16日

会社を辞めよう! 2


なんでハウスクリーニングという仕事をやってみようと思ったのか・・・

なんででしょうね?
今になって、良く主人からも「なんでこの仕事なの?」って聞かれるんですが、う〜ん何故?

TVの奥様向け情報番組で、年末になると「キッチンの頑固な汚れをプロの手で」とか「プロが教える掃除の裏ワザ」なんてのを見るのは好きだった。

頑固な汚れは、割り箸をナナメに切って、なんて聞くとすぐやってたし。

特に掃除が好きって訳じゃないけど、そういうワザを駆使するのは、好きだったんですね。

ある時、SM○PのN居クンが、お掃除のプロのお手伝いをする、というのがあって、その時のプロの人が、女性だった。
一般家庭の窓掃除と、床のワックス掛けをしていた。
ユニフォームも可愛らしく、さっさか動く姿も、いろんな道具を使いこなして、汚れを落としていく姿も良かった。

あ、この仕事、やりたいな、って。

冗談で、この年で会社辞めたら、掃除のオバチャン位しか出来ないかもね〜なんて言ってた。
そう、掃除=オバチャンの仕事。
実際、会社の中でも沢山のお掃除のオバチャンが働いていたっけ。
頭に三角巾、薄いブルーの上っ張りと、ズボン。ズックを履いて。
ん〜そういうイメージかぁ・・・

そんな風に思っていた時に、そのN居クンの番組の事を思い出した。
最近、多少耳にするようになった「ハウスクリーニング」という仕事。
これって、いいかも。


会社を辞めよう! 1


会社を辞めるまでの面接で、結構思い切った事を言ってしまった。

「自分達が辞めた事で、会社が立ち直ったとしたら、悔しい」

「自分達が辞めたのに、ダメになってしまったら、悔しい」

「一代決心をして辞めたのに、会社がダメになって、ざまあ見ろ、なんて自分が思ったりしたら、それはイヤだ」

なんだか、支離滅裂な混乱した事を口走っていた感じだ。
面接していた課長は若かったので、対象者じゃないから、なんと思っていたか判らないけど、課長達は課長達で、ノルマ(部署毎の割り当て人数)を課せられていて、ダメなら自分が辞めなきゃならない、みたいな状況だったらしい。

その時は、まだなんとか仕事あるかなぁ〜なんて思っていたんだけど・・・

実際、退職すると決めて、再就職セミナーに出てみたら、会社は退職後の面倒なんてまったく見てくれなくて、再就職先として候補に挙がっていたのは、男性対象ばかりだったし、それも数は少なかった。

結局男性は、それまでの仕事の知識や経験を生かして、関連子会社に行きたかったりで、その辺が再就職の際に、ネックになるのかな。
あと、収入面が大きいみたいだった。
家族を養ってるからね〜と。
でも、それは女性だって、独身で実家通勤の人以外は、同じだよね。

女性社員は、一般事務とは言っても、生保独自の知識だし、会計処理にしても会社内部でのシステムだし、パソコンも同様だし、他じゃ使えないのかな。
でも、それって、他のシステムにも、馴染み易いって事。
どこでも潜り込めるかな、なんて思っていたけど、やっぱりね、年齢の壁が立ちはだかったのです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。